読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵比寿で働くWebエンジニアがボードゲームで遊んでみた。

Webエンジニア歴5年のエンジニアが、遊んだり、興味のあるボードゲームを紹介していきます。

【俺をだれだと思ってるんだ 世界一の大泥棒だぜ】スコットランドヤード

ドイツ年間ゲーム大賞 遊んでみた レビュー

今回プレイするのは、「スコットランドヤード」です。「スコットランドヤード」とは、最初にロンドン警視庁本部が置かれた場所を示しているのだそうです。このゲームではプレイヤーは「逃げる犯人」「追う警察」という関係性でゲームをプレイしていくのです。

以前紹介した「ドミニオン」と同じドイツ年間ゲーム大賞を受賞したこともある作品です。

delideli0306.hatenablog.com

あらすじ

ロンドン市内に潜伏し、大胆不敵に逃走する怪盗Xを、スコットランドヤード(ロンドン警視庁)の敏腕刑事達が追跡し逮捕を目指します。

果たして警察は犯人を追い詰めることができるのでしょうか・・・?

ゲーム情報

  • プレイ時間:30分〜60分

  • プレイ人数:3〜6名

  • ゲーム価格:3,000円程度

  • 対象年齢 :10才〜

コンポーネント

  • マップ 数字で示されるマスと、タクシーなどの交通手段を示すラインが記載されています

  • 乗り物カード(タクシー / バス / 地下鉄)

  • 移動手段を提示するボード

  • コマ(警察)

準備

  • 1. プレイヤーを泥棒(ゲーム中では Mr.X の愛称で呼ばれます)1人、残りのプレイヤーを警察に振り分けます。
  • 2. 警察は自分のコマをマップ上の任意のマスに設置します。Mr.Xはマップ上の任意のコマをスタート地点として決定しておきます。

ゲームの流れ

終了条件 1ターン(全員の手番が1周する)を24回繰り返すまでにMr.Xを捕まえる(Mr.Xがいると思われるマスに警察コマを設置する)ことができれば警察チームの勝利、Mr.Xが逃げ切れば泥棒の勝利です。

1.警察の手番

・警察になったプレイヤーは、タクシー / バス / 地下鉄の移動カードを消費し、移動を行います。

移動カードを消費するため、ゲームの後半になるほど移動手段が限られてくることになります。

2. 泥棒(Mr .X)の手番

・Mr.Xは移動カードの使用回数に制限はありませんが、移動手段をボードに記載します。

ルール1. Mr.Xは特定ターンになると、現在地のマスを公開しなければいけない。

ルール2. Mr.Xは数回、1ターンに2回移動を行うことができる。

ルール3. Mr.Xは数回、移動手段を公開しないことができる。

感想

Mr.Xは迫り来る警察から逃げ続けなければならないのですが、ゲーム中に何度か現在置を公開しないといけないため、常に警察が追う展開となります。

ルール1に対し、Mr.Xは不利になるので、ルール2. ルール3をうまく利用し、警察の包囲網を突破しましょう!

このゲームは、「1人」 対 「その他」という珍しい構成になっていて、警察チームのプレイヤーは情報交換をしながらプレイできるので、初めてプレイする場合は警察チームになってみんなと一緒に考えるのが楽しいです!

ラベンスバーガー スコットランドヤード東京 266357

ラベンスバーガー スコットランドヤード東京 266357