読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵比寿で働くWebエンジニアがボードゲームで遊んでみた。

Webエンジニア歴5年のエンジニアが、遊んだり、興味のあるボードゲームを紹介していきます。

【お邪魔虫は誰だ!金塊を目指して掘り進め!】お邪魔者

今回紹介するゲームはこちら「お邪魔者」です!パッケージのドワーフ(炭鉱掘り)のデザインが可愛くて素敵ですね!
このゲームではプレイヤーが金塊を目指す「炭鉱掘り」チームと、金塊への道を妨害する「お邪魔者」チームに別れて対戦を行うのですが、「お邪魔者」は炭坑掘りチームに紛れて姿を隠しているのです。お邪魔者はバレないように妨害をして、金塊を守りましょう!

f:id:delideli0306:20170508194209j:plain

ゲーム情報

  • プレイ時間:30分

  • プレイ人数:3〜10名

  • ゲーム価格:1,500円程度

  • 対象年齢 :8才〜

コンポーネント

f:id:delideli0306:20170508193651j:plain

  • 通路カード 40枚

  • アクションカード 27枚

  • スタートカード 1枚

  • ゴールカード 3枚

  • 金カード 28枚

  • 役割カード 炭坑掘り7枚 / お邪魔者 4枚

準備

  • 1. プレイヤーはランダムに役割カードを引いて、「炭鉱掘りチーム」か「お邪魔者チーム」に別れます。
  • 2. アクションカードと通路カードを混ぜて、参加プレイヤーに手札として配ります。

ゲームの流れ

1. 時計回りで1人ずつ手番を行います。手番中に行えるのは以下の3つのいずれかになり、最後に山札から手札に1枚補充して終わりです。

1-1. A 通路カードで通路を伸ばす

1-2. B アクションカードを使用する

1-3. C 手札を捨てる

f:id:delideli0306:20170508193510j:plain

通路を伸ばす場合は、通路がきちんと繋がるようにしか設置することができません。

アクションカードを使うことで金塊の位置を探れたり、他のプレイヤーに道を設置できなくしたり、繋がっていた道を除去したりできます。

2. 「炭鉱掘りチーム」が金塊に到達した場合「炭鉱掘りチーム」の勝利です。金カードの山札からプレイヤー数に応じたカードを裏向きに受け取り、金塊に到達したプレイヤーから順にカードを確認して獲得します。

3. 「炭鉱掘りチーム」が金塊に到達できなかった場合、「お邪魔者チーム」の勝利です。チーム人数に応じた金塊を獲得します。

4. 合計3ラウンドを行い、金塊の獲得数が一番多いプレイヤーの勝利です!

感想

途中まで誰がお邪魔者かわからないため、不自然に道を繋げないプレイヤーや怪しい動きをするプレイヤーがいないか注意深く観察すると面白いです。また金塊にたどり着けても、「炭鉱掘り」チームの中でも獲得点数が違うため、できるだけチームのメンバーを出し抜きたいという思惑も混ざり、意外にゴール終盤で仲間からの妨害にあったりもします。

お邪魔者チームの人数が少ないとなかなか妨害ができず苦戦するのと、ゲームの後半になると妨害するプレイヤー = お邪魔者 だとわかりやすくなってくるため、何か盛り上がるようにローカルルールを加えて遊ぶのも面白いかと思います!

 

Amigo お邪魔者

Amigo お邪魔者