読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵比寿で働くWebエンジニアがボードゲームで遊んでみた。

Webエンジニア歴5年のエンジニアが、遊んだり、興味のあるボードゲームを紹介していきます。

【名前をつけて呼んであげよう!】ナンジャモンジャ

f:id:delideli0306:20161215193344j:plain

今回プレイするのは、「ナンジャモンジャ(ミドリ)」です。名前をつけて他のプレイヤーよりも早く呼ぶカードゲームです。 前に紹介したおばけキャッチのように瞬発力が必要なゲームですが、かなりシンプルな作りになっています。

ナンジャモンジャ公式サイトも可愛いデザインに仕上がっています。

あらすじ

ナンジャモンジャ族は、手足が生えた大きな頭の持ち主なのに、すぐに自分の中前を忘れてしまうキュートな生き物たちです。プレイヤーたちは次々に現れるナンジャモンジャたちに名前を考えてあげましょう!

ゲーム情報

  • プレイ時間:15分

  • プレイ人数:2〜6名

  • ゲーム価格:1,400円

  • 対象年齢:4才〜

コンポーネント

  • ナンジャモンジャカード 60枚(12種類が5枚ずつ)

準備

  • カードを裏向きにしてよく混ぜ、山札としてテーブルの上に置きます。

ゲームの流れ

スタートプレイヤーを決め、山札から素早く表向きにします。(できるだけ同じタイミングで全プレイヤーがカードを確認できるよう心がけましょう)

表向きにしたカードに書かれたナンジャモンジャをよく見て、下記のアクションのどちらかを行います。

1.表向きにしたナンジャモンジャがまだ見たことのないナンジャモンジャの場合

カードをめくったプレイヤーが好きな名前をつけてあげましょう。見た目から「グリーンマン」、形から「まん丸」など自分が覚えやすい名前を付けるのもアリです。

2.表向きにしたナンジャモンジャがすでに見たことのあるナンジャモンジャの場合

すでにつけられたナンジャモンジャの名前を叫びます!

すでにつけられたナンジャモンジャの名前を正確に一番最初に叫んだプレイヤーがそのカードを獲得することができます。 山札がなくなるまで続けていき、一番多くのカードを集めたプレイヤーが勝利となります。

感想

最初のうちは名前を覚えられていますが、どんどん種類が増えてくると名前と姿が一致しなくなっていきます。(笑)

ゲームとしては、「名前を付ける」「覚える」「叫ぶ」の3点だけですが、ワイワイ楽しみながら遊ぶのにもってこいのゲームだと思います。

慣れてくると、

追加ルール1. お手つき(間違った名前で叫んでしまったら、正解したプレイヤーに獲得したカードを譲る)

追加ルール2. 他のプレイヤーが正解を当てた時にそのナンジャモンジャがすでに手元の獲得カードの中にあったら、正解したプレイヤーに渡さなければいけない

といった追加ルールを作ることで、自分が集めたナンジャモンジャを守ろうと必死になってに遊ぶことができます!

別売りのナンジャモンジャ(シロ)にはまた種類の違うナンジャモンジャたちがいます。組み合わせて遊ぶことで12人まで同時プレイが可能になります。

またナンジャモンジャ(ペアセット)は、(シロ)と(ミドリ)がセットになって、おしゃれなパッケージに梱包されているので、お友達へのプレゼントにも是非おすすめです!

ナンジャモンジャ・ミドリ

ナンジャモンジャ・ミドリ